• ホーム
  • 会社案内
  • 製品・サービス
  • 事業案内
  • インフォメーション
  • 採用情報
  • お問い合わせ
ヂーエル®(GL®)Glass Lined Piping System
  • ヂーエル®とは
  • ヂーエル®の特性
  • 特注仕様のヂーエル®
  • 海外へのご相談
  • ダウンロード

ヂーエル®(GL®、GLP®)の特性  Characteristic

ヂーエル®のライニングガラスは、フッ化水素酸を除く酸または酸性物質に対してすぐれた耐食性を示します。代表的な酸及び水に対しての耐食性(使用限界)を下図に示します。

※一般にガラスは酸または酸性物質に対してすぐれた耐食性を示しますが、熱水、水蒸気、アルカリ及びアルカリ性物質に対しては使用条件によっては腐食される場合があります。テスト、試運転、洗浄等で上記物質を使用される場合は予めご相談ください。

※スペーサー(SP)及び閉止フランジ(CF)のセラミックライニングの耐食性使用限界は150℃以下です。

グラフ
●使用温度
規格品−15℃〜+150℃(管内流体の性状により変ります)なお、母材及びガスケット等の変更による実用例は−45℃〜+400℃です。
●瞬間温度差
温度差のあたえ方によって差異があり、簡単に表現できませんが、最も条件の悪い 「液体によって管内を冷却した」場合の許容温度差は70℃です。
※取扱いに際しては急熱急冷を避けてご使用いただく必要があります。
●耐圧強度
ヂーエル®規格品の最高使用圧力は0.98MPa(10kgf/cm2)です。上記圧力を超えて使用する場合はご相談ください。
ご要求により0.98MPa(10kgf/cm2)を超える仕様のものも製作いたします。
●曲げ強度
20mm直径のヂーエル®を支点400mmでアムスラー試験機にかけ、0.5トンまで加圧しましたが、ガラス面には少しも亀裂が認められませんでした。
●衝撃強度
コンクリート床の上に厚さ65mmの鋼板2枚、さらに厚さ3mmのゴム板を敷き、ヂーエル®パイプを水平に置いて、重さ175gの鋼球を落下させた場合、高さ600mmまでは亀裂を生じませんでした。

※ヂーエル®は一般のガラス管に比べれば、はるかに強いといえますが、取扱いに際しては衝撃を与えないように特に注意する必要があります。

ヂーエル®(GL®、GLP®)の仕様  Specification

●フランジ規格
標準品 JIS 10Kタイプ
●母材質
直管
SGP +SS400
継手(標準品)
FC200
継手(準規格)
SGP +SS400 ※受注生産品
●継手面間
標準品 ヂーエル®規格

ヂーエル®(GL®、GLP®)のご使用上の注意点  important point

  • ●ヂーエル®(GL®、GLP®)は金属管の内面にガラスをライニングしたもので、外見上は一般の鋼管とほとんど区別がつかないために、思わぬガラス破損を起こす恐れがあります。基本的には内面のガラスに有害な衝撃、加重(曲げ、引っ張り、圧縮)、火気を避け、正しい取扱いをしていただきますよう注意してください。
  • ●製品の仕様は諸般の事情により予告なく変更される場合があります。
  • ●カタログ内の製品には「輸出貿易管理令」で規制される製品も含まれておりますので、輸出のご予定がある時は、事前に弊社営業担当者にご相談ください。
ヂーエル®に関するご相談・お問い合わせ

AGCテクノロジーソリューションズ株式会社

プラント・装置事業統括グループ 
化学装置グループ GLチーム

お問い合わせメールフォーム
  • ヂーエル®とは
  • ヂーエル®の特性
  • 特注仕様のヂーエル®
  • 海外へのご相談
  • ダウンロード

製品・サービス  Products and Services